消防設備工事
  1. HOME
  2. 消防設備工事

緊急時の問い合わせは24時間対応消防・防災に関する設備を専門に、多数の実績あり。

当社では、消防・防災に関する設備を専門に、多数の経験と実績がございます。 スタッフは専門の国家資格を取得しているのはもちろん、技術力と丁寧な対応で練馬区を中心としてお客様から長らく業務を委託していただいております。

消防設備は、法律によって設置や運用の方法が定められています。さらに、定期的に消防法が改正されるため、常に最新の取り決めを把握している必要があります。
当社では、消防法の豊富な知識と、会社全体で法改正の動きの共有化を行い、常に質の良いサービスを提供できるように日々努めております。万が一の緊急対応も24時間受け付け中ですので、ビルやマンションのオーナー様、管理会社様、管理組合様など、安心して当社にお任せ下さい。

こんなときは消防設備工事をご相談下さい。

  • 消防用設備保守点検時に、不具合・不良個所が発見されて、修理・改修を行わなければならない。
  • 消防署からの指導により改修が必要になった。
  • 増改築や間取り変更を行った結果、設備を追加することが必要になった。
  • 消防法改正により、設備の追加工事が必要になった。
  • 建物を新築して、消防設備の設計・施工をしなければならない。

消防設備工事(設計・施工・販売)消防設備の新設工事・改修工事を行います。所轄消防署から設備修理の措置を命じられた、消防法改正により新たな設備を設置することが必要になったなど、消防設備の施工が必要な方、ぜひ当社にご相談下さい。
消防設備点検時に不良が発見された場合も、適切に改修工事を行わなければいけません。その際の消防設備・防災設備の工事もお任せ下さい。消防設備点検については、下記からそれぞれ詳しくご覧いただけます。

消防設備点検

防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、設置された消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告することが義務づけられています。

消防設備点検について詳しくはこちら

防火対象物点検

一定規模の建物の各事業者は、防火対象物点検有資格者に防火対策について1年に1回点検をさせ、その結果を消防署長に報告するものです。

防火対象物点検について詳しくはこちら

防災管理点検

大規模な建物の各事業者は、防災管理点検資格者に地震対策などについて1年に1回点検をさせ、その結果を消防署に報告するものです。
現在の消防法では、火災のほかに地震等の対策についても点検・報告の義務があります。

防災管理点検について詳しくはこちら
  • HOME
  • 消防設備工事
  • 消防設備点検
  • 防火対象物点検
  • 防災管理点検
  • 建築設備検査
  • 特殊建築物調査
  • 消防法改正について
  • 消防設備点検・施工事例
  • 会社案内
  • お問い合わせ
対応エリア
東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県などのエリアで対応しております。
他エリアに関してはご相談下さい。