特殊建築物調査
  1. HOME
  2. 特殊建築物調査

建築基準法に基づき建築設備の状態を検査します。

調査義務のある対象建築物

公共性の強い建築物や,不特定多数の人が利用する建築物,いわゆる「特殊建築物等」については、所有者等による維持保全の調査を行い、報告する義務があります。
不備・不具合によって事故や災害が発生したり、また被害が拡大し第三者に危害が及ぼすおそれがあります。
特殊建築物には、公共性の強い建築物も多く含まれるため、より専門的技術を有する建築士等の有資格者の調査・検査が重要になります。
当社では、有資格者による調査を徹底しておりますので、安心してお任せいただけます。

調査対象となる建築設備

換気設備
換気設備

運転時の異常がないかを検査します。
風量測定などを行い、ガス事故などを未然に防ぎます。

排煙設備
排煙設備

火災時に発生する煙やガスなどを排出する為の設備を検査します。
排煙機、排煙口の風量測定や、運転の状態を確認。
排煙口周りの状態を確認して正常に動作するか確認します。
取り付け状態や、腐食などの有無も確認します。

非常用照明
非常用照明

災害時などに停電した場合に点灯する非常用の照明設備・器具を点検します。
停電状態での点灯確認やや、照度を測定し、正常に機能しているか確認を行います。

給水設備及び排水設備

水の供給・排水を確保する設備の検査を行います。
(貯水タンクや給水タンク、汚水槽など)

  • HOME
  • 消防設備工事
  • 消防設備点検
  • 防火対象物点検
  • 防災管理点検
  • 建築設備検査
  • 特殊建築物調査
  • 消防法改正について
  • 消防設備点検・施工事例
  • 会社案内
  • お問い合わせ
対応エリア
東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県などのエリアで対応しております。
他エリアに関してはご相談下さい。